まだまだ若いぞ40代! 40代介護士が仲間を探すべく書いたブログです

介護職に就くために体を鍛えよう

介護職にとって大切な内容の中に、健康的な体と明るい心を持ち合わせなければならない事も挙げられます。
40代以降になりますと、筋肉の衰えが顕著に現れ易く、肉体の疲れが心にも影響を与えてしまう事もあるのです。
心と身体は、相互的に影響を与え合っています。
40代以降の疲れた姿を示す事は、介護を利用される方にも悪い影響を与えかねません。

疲れは、言葉の覇気を失い、知らず知らずに介護を利用されている方の心にも同じ様な思いを作り出しかねません。
介護職として働くためには、体を鍛え健康的な心身を作り出す事も大切です。
40代以降になりますと、筋肉の衰えから基礎代謝が落ちて、脂肪が多くつき易くなります。
脂肪があたかも、体を頑丈な姿として映してしまう事もありまして注意をする必要性もあるのです。
これは、利用者に対して良い印象を与えるのみならず、自身に対しても良い影響を与えてくれます。

良い健康を作り出してくれる事はもちろんの事、積極性が生まれる事から人生を充実にして行く事も可能です。
デスクワークからの転職をされる方を採用する場合は、採用する側が体力に不安を抱く事もあります。
体力に自身がある事をも示す事によって、採用される確率も高まると言えるのです。

一般的な企業の多くは、60代を定年退職とされる事がよくあります。
介護職に至っては、需要の拡大によって人材が不足していく事も予測されます。
つまり、中年期から鍛えておく事によって、60代以降も仕事を受け持ち易くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です